リフォームとは、
自分の「生き方」を
見つめ直すことだと思う。

N様

number:
446
structure:
マンション
type:
3LDK→2LDK
area:
85.5㎡
construction:
全面改装
place:
京都市中京区
price:
約2,500万円

リフォームのきっかけ

 結婚してしばらくは、山科区の一戸建てに住んでいました。贅沢なことに広い土地もあったのですが、でも広いということはいいことばかりではなくて、草むしりなど庭の手入れが結構たいへんだったんですよね。最近「終活」という言葉をよく耳にします。我々夫婦もこれからの人生をどんなふうに過ごしていくのか考える時期になってきました。90歳の母親との同居を前提に今後の暮らし方をイメージしたとき、利便性の高い街中のマンションでアクティブに年齢を重ねていきたい、と私は思ったのです。

 そこで早速物件探しをはじめ、気になるマンションがあれば労を惜しまず見に行きました。2,000〜3,000万円ほどの部屋から億ションと呼ばれる高級物件まで、内覧数は50を下らないと思います。そこで気づいたのは、「値段の割に中身はそれほど変わらないな」ということです。ほぼ立地条件で金額は決まっていて、高額だから室内の設備や仕様が優れているというわけではないんですよね。であれば、新築物件を買うよりも中古物件をリフォームして自分好みの空間に変えるほうが賢いのではないか。そんな思いが強まってきたんです。

遊との出会い

 いろいろ物件は見てまわったのですが、立地環境やマンションの雰囲気、階数(私は上階が好きなもので)などの条件を整理していくと、結局もともと母親が住んでいたこのマンションがベストなのではないか、となりました。広さは85㎡ほどで大人3人が住むには少々手狭ではあるものの、それはリフォームのプラン次第でなんとかなるのかなと。

 リフォーム会社選定にあたり5社くらいに声をかけプランも出してもらっていたのですが、母親が朝日新聞で「リフォーム相談会」の広告を偶然見つけてきて、そこに掲載されているプランを見て私は衝撃を受けたのです。
 「デザイナーご夫婦の住まいは、小宇宙的エッグトイレがシンボル」(作品No.906)というキャッチコピーが添えられたそのプランは、部屋の真ん中に卵形のトイレを配置するという斬新なものでした。こんな空間のつくり方があるのか!と興奮しました。
 また、リフォームをするならキッチンはトーヨーキッチンにしようと当初から決めていたのですが、その相談会の会場がトーヨーキッチンのショールームだったこともあって、どこか運命的なものを感じましたね。

 セミナーの内容やスライドショーに私はどんどん引き込まれていきました。住まいに対する考え方に共鳴したというか、これこそまさに私が求めていたものだと思えたのです。
 相談会終了後、講演者の方とお話させていただき、その思いは確信に変わりました。興奮しすぎて、その日はどうやって帰ったか覚えていないほどです。いただいた本も帰宅後すぐに読破しました。掲載されている文章や事例写真、すべてにシンパシーを感じる。そのときには、他の会社はすべて断って、遊さん一本で行こうと決めていました。